プロフィール

ニックネームtorasanpo
自己紹介 tora

1988年トレフォート(現キューンレコード)から「コンバッツ」でデビュー。担当パートは「コーラス・ダンス、サックス、振付師」
アルバム1枚をリリース。バブルガム ブラザース、電気グルーヴ、カジーバ等と共演。

1991年BMGビクターから「gonna」でデビュー。「ヴォーカル、ブレイクダンス、ジャズダンス」を担当。ポール・ジャクソン・Jr、マイケル・ランドー、オクモトリョウ(元クリエイション)等のプロデュースによるアルバムがリリースされ、レコーディングはロサンジェルスで行われた。

1994年キティエンタープライズより「switch」でデビュー。「ヴォーカル、ブレイクダンス」を担当。アルバム2枚、シングル7枚をリリース。NHK「天才テレビ君」主題歌 TBS放映アニメ「稲中卓球部」主題歌 DDIポケットCMソング「みんなすげー」、講談社ヤングマガジンCMソング、その他、ご飯推進委員会、日新ラーメン系、ホンダスクーター、日光江戸村、秋本のお漬物、スナッチ、東芝、ドコモiモード、コーヒータイム、あさひ銀行、トクホン他、数多くのCMソングで出演。
テレビ出演では、TBS深夜番組「スイッチでショウ」の成功までのドラマ、NHK音楽番組「ポップジャム」に出演、TBS系列「タモリのジャングルテレビ」ではバンドとしてレギュラー出演。

また、「switch」では年間150回を越えるライヴに出演し、つのだひろ、かまやつひろし(ムッシュかまやつ)、鈴木雅之、鈴木清美、ブレッド&バター、ブラザー・コーン、大沢誉志幸、立川俊之(大事MANマンブラザーズバンド)等多くの著名アーティストとも共演。
キティエンターブライズからポリドールに移籍し、アルバム1枚をリリース後、解散。

1999年SMEレコーズより「TRA」でデビュー。「ヴォーカル、ブレイクダンス〜創作ダンス」を担当。アルバム1枚をリリース。デビュー・シングル・カップリング曲「セブンティーン」は、PVに小柳ルミ子が出演。また、正月番組「さんタク」(2006年放映)で、明石家さんまが「セブンティーン」を個人的に取上げ話題に。さらに「セブンティーン」は、札幌STVラジオ「なまらん」音楽チャート番組で最長チャートインを記録。現在でもこの「セブンティーン」を語るミュージシャンやDJは多く、伝説の歌となっている。総合プロデューサーは米米clubのリーダー大久保健作(bon)。2007年解散。


2008年「水母ボーダーズ」を大沢イツト(ベース)とともに結成。担当はヴォーカルだが、楽曲作りからライヴ構成まで全体の総合プロデュースも行う。現在までにアルバム3枚をリリース。テレビ神奈川「ハマランチョ」に出演。FM横浜「トレセン」ではシングル「そっとmonday」、「甲冑ゲッチュ」、「思い出のハイヒール」が大好評。ゲストとしても度々出演。関東、東海、関西方面を中心に精力的にライヴを行っている。


また、ヴォーカリストとしての豊富な経験、日本人離れした歌声と技術を生かし、ヴォイス・トレーナーとしてのキャリアも長い。藤沢にある音楽スタジオ兼スクールを運営する「太陽ぬ荘音楽院」にてヴォーカル・レッスンを行っている他、個人レッスンでも多くの生徒の指導と育成にあたっている。ヴォイス・トレーニングはもちろん、ヴォーカリストとしてのアドヴァイスやレコーディングのディレクションなど、プロデューサー的立場で若手ミュージシャンを技術的&精神的にサポートしている。


これまでに数多くのバンドでメジャー・デビューを果たしているが、いずれのバンドもつねに完成度の高い作品を制作し発表し続けている。品格ある笑いと洒脱な表現力は、エンターテインメント性の高い「toraワールド」を創りだし、数多くのファン、そしてミュージシャンたちを魅了し続けている。
年齢50歳
お住まい神奈川県
職業自営業